訪日外客数3月として過去最高を記録

2018年3月の訪日外客数は、前年同月比18.2%増の260万8千人となり、2017年3月の220万6千人を40万人以上上回り、3月として過去最高を記録しました。

航空路線の新規就航や増便、チャーター便の運航に加え、春の魅力を訴求する訪日旅行プロモーションの結果も相まって訪日意欲を喚起し、訪日外客数全体としては好調になりました。また、昨年は4月中旬からであったイースター休暇が、今年は3月末からとなったことにより、富裕層や欧米豪の市場を中心に訪日需要が押し上げられました。

市場別では、イースター休暇に伴う旅行需要の高まりを受け、米国、カナダ、ドイツにおいて単月として過去最高を記録したほか、インドネシアを除く19市場で3月として過去最高を記録しました。
出典:日本政府観光局(JNTO)ホームページ

当社では、欧豪米のインバウンドや富裕層マーケティングのご相談なども随時受け付けております。まずは下記のお問い合わせページよりご連絡ください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. タヒチ 2018年グローバルキャンペーン「#TakeMeToTahiti」を実施

  2. ラグジュアリーバス×体験型ツアーで欧米豪富裕層の取り込みに力を入れるはとバス

  3. 富裕層に人気が高いゴールドコーストのMICE施設は設備が充実

  4. オーストラリアの超富裕層、22年までに37%増加

  5. ニューヨーク初となる日系スパが、富裕層向けラグジュアリーホテル「ザ・ベンジャミン」内にオープン

  6. 富裕層も愛するメルボルンへの移住で本当の豊かさを手に入れる