ミクロネシアは富裕層の不動産購入も気軽に可能

ミクロネシアは日本人富裕層にぴったりの移住先であり、節税対策としての子会社設立にも大変適した土地として最近じわじわと人気を集めている場所です。このミクロネシアには日系人も多く親日であるということから、日本に居ながら手続きを完了させることが出来るというメリットがあります。しかもそのメリットに付随して、手続きの際に日本語でのやり取りが可能ということで、英語圏よりもかなり低いハードルで手続きをすることが出来ます。

不動産購入に関しても日本円を使用することが出来るのでお手軽です。またミクロネシアは富裕層の移住先として考えても十分に魅力的な場所となっています。節税のためでなくても魅力がいっぱい詰まっている土地・国ですし、日本人に対して優しい人が多いので暮らしやすいことが嬉しいポイントです。もちろん不動産購入をする場合にも日本語でのやり取りは可能です。日本の富裕層に対する扱いに対して不満を抱えている人にはまさにピッタリの場所です。

関連記事

  1. タヒチ 2018年グローバルキャンペーン「#TakeMeToTahiti」を実施

  2. 米BlackRock社、富裕層の資産管理を狙い「アラジン」売込みを強化

  3. 米シアトル市、大企業への課税法案を一カ月で撤回

  4. メラネシアで富裕層が不動産購入する理由

  5. 住みやすいゴールドコースト

  6. 富裕層の資産管理にAI「Erica」導入の第一歩