メラネシアに富裕層向けのMICE施設が整備されている理由

メラネシアは、オーストラリア大陸の北部から北東部にかけて広がる島々で赤道直下の国です。赤道直下に位置することで熱帯系の気候のため年間を通して暑さが感じられ、また熱帯雨林などの自然も豊富に見られ、人口は約1,400万人となっています。

かつてはフランスの植民地として栄えておりましたが、近年はMICE施設が建ち並び、富裕層にも愛されている地域となっております。その理由としては、アジア圏内の経済の発展が著しいため、その拠点となる場所を設ける上で手頃な場所がメラネシアとなるからです。

もちろん日本人もメラネシアのMICE施設に訪れる機会も多いですが、現地などのアジアン富裕層もそこを中心に活動を展開しています。なおアジアの国にとっては、日本は憧憬を抱かれることが多く、世界的な経済大国になった経緯もあるため、日本に学びたいとする方も多いです。

日本にとってもアジア富裕層向けのマーケティングでアジア市場開拓を目指す上でも、メラネシアに存在するMICE施設を活用することは望まれます。

関連記事

  1. 富裕層の資産管理にAI「Erica」導入の第一歩

  2. メルボルンのMICE施設は富裕層や専門家を多く集めます

  3. 米シアトル市、大企業への課税法案を一カ月で撤回

  4. 富裕層向けの不動産投資の穴場はミクロネシア

  5. 日本人富裕層のメラネシアの不動産投資に役立つ豆知識

  6. タヒチ 2018年グローバルキャンペーン「#TakeMeToTahiti」を実施