シドニーが富裕層が住む都市ランキング世界9位、世界で5番目にリッチな都市にランクイン

ニューワールドウェルスのアナリストによると、この先10年でシドニーが世界のなかで5番目に富裕層が居住する都市になるという。オーストラリアに集まる個人財産は過去10年で83%成長しており61億米ドル(約668億円)だが、さらに10年後には70%増しの104億米ドルになることが予想されている。その他の都市は、ニューヨーク、北京、東京そして上海が挙げられている。現在のトップ5位の富裕都市はニューヨーク、ロンドン、東京、サンフランシスコのベイエリアそして北京である。これらの予測はAfrAsia 銀行および New World Wealth が今後10年の世界の富の動きから予測されている。

現在シドニーは世界9位の富裕層が住む都市で、合計保有資産 は1兆米ドル(約109兆円)。ニューヨークは世界で最も個人資産が集約されている都市で、合計で約30兆米ドルが記録されている。なお、世界レベルでみると富裕層が保有する合計資産は約215兆米ドルであった。

世界には約152万人の富裕層が存在し、それぞれが100万米ドル以上の資産を保有している。インドのムンバイの富裕層人口も今後10年で急速に加速するとみられる。オーストラリアは世界の富裕層が移住先として好まれ、特にシドニー、メルボルン、ゴールドコースト、サンシャインコースト、パース、そしてブリスベンが人気都市として挙げられる。オーストラリアは相続税がアメリカよりも低いことで知られている。2017年には約95,000人の億万長者がオーストラリアに移民しており、2016年の82,000人とその前年の64,000人から増加している。

今後は富裕層の住む都市は、世界中で大都市に固定されつつあるだろう。

参照 Sydney is becoming one of the five wealthiest cities in the world

ルート・アンド・パートナーズでは地方創生や日本版DMOをはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. メラネシアに富裕層向けのMICE施設が整備されている理由

  2. フレンチポリネシアのMICE施設、富裕層だけではなくビジネスに関わる場として使用される

  3. ボラボラ島を360度臨む「ボラボラ・ラグーン・パラセイル」

  4. 富裕層にも使用されるMICE施設、その存在はニュージーランドにも

  5. ゴールドコーストを拠点として富裕層がデュアルライフを送る

  6. ラグジュアリーバス×体験型ツアーで欧米豪富裕層の取り込みに力を入れるはとバス