厳しい小売業界の中で好調を維持しているアメリカの超富裕層向けショッピングモール「バル・ハーバー・ショップス」

写真:© Scott McIntyre / Bloomberg

アメリカの小売業界は、一部のモールが生き残りに向けた資金調達に必死になるほど厳しい状況だ。そんな中、米フロリダ州マイアミビーチの防波島の北端にある3階建ての超富裕層向けのショッピングモール「バル・ハーバー・ショップス」は、店舗引き留めために賃料を引き下げるどころか、入居待ちのリストができるほどの好調を維持している。また、現在4億ドル規模の拡張も計画しているという。

一般的なモールとは異なり、高級リゾートのようなバル・ハーバー・ショップスでは買い物客はバレーパーキング(店が提供する駐車サービス)に30ドル(約3200円)を支払い、高級車を正面出入り口近くに駐車してもらう。ショッピングモールに入ると、ブルガリやハリー・ウィンストン、ショパールなどの有名ジュエリーブランドが並ぶ。

バル・ハーバー・ショップスだけでなく、ニューヨークの「アメリカーナ・マナセット」、ラスベガスの「フォーラム・ショップス・アット・シーザーズ」、ロサンゼルスの「ザ・グローブ」など、富裕層向けのショッピングモールはどれも好調だ。

日本でも富裕層向けの戦略を真剣に検討し始める百貨店が出始めるなど、小売業界で富裕層ビジネスへの関心が高まってきていると感じている。バル・ハーバー・ショップスのように完全に超富裕層向けにシフトするのは難しいかもしれないが、このような動向をヒントに富裕層戦略を進める、あるいは始める/見直す動きがでてくるかもしれない。

参考:This U.S. Mall Is Only For the Rich, and It’s Doing Just Fine

 

小売業界に限らず、当社では富裕層を対象とした定量調査や定性調査、コンサルティングなどのご相談やお問い合わせを随時受け付けていますので、まずは下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 富裕層にも人気があるゴールドコーストの不動産投資

  2. JNTO欧米豪の富裕層の訪日誘客と消費拡大を目的とした商談会を開催

  3. デュアルライフにミクロネシアを選ぶ富裕層が急増中

  4. 新たな富裕層の誕生も!2018年に破壊的な改革が起きようとしている5つの業界

  5. 米国富裕層にまつわる6つの意外な事実

  6. 富裕層も愛するメルボルンへの移住で本当の豊かさを手に入れる