ミクロネシアは富裕層の節税や移住におすすめの場所

海外法人設立の場として最近知る人ぞ知る穴場として注目されている「ミクロネシア」では、トリガー税率を心配しなくてもいい緩い節税ができることに加えて、それらに必要な手続きは日本国内からでも可能で、日本円での納税も可能という日本人富裕層にとっては最高の環境ともいえる税制が敷かれています。

節税を目的とした子会社設立で最もポピュラーとされているのがタックスヘイブン国ですが、ミクロネシアはこのタックスヘイブン国よりも日本人富裕層に合ったメリットが存在しているため、今後タックスヘイブンを超える天国となり得るとも言われています。ミクロネシアには現在日系人も多く親日だということもあり、日本の富裕層に対して有利な取り計らいがされているからです。移住する場合もなにより嬉しいのは日本国内での手続きが可能で、しかも日本語でのやり取りが出来る点で、英語圏よりもかなりハードルを下げることが出来ます。また移住するにも素晴らしい場所なので、富裕層にはかなりおすすめの場所となっています。

関連記事

  1. ミクロネシアは富裕層の不動産購入も気軽に可能

  2. 富裕層が注目するシドニーのMICE施設を取り巻く環境

  3. タヒチ「ポリネシアン文化体験」を開催

  4. シドニーの富裕層の子供の教育事情

  5. カナダの次世代富裕層はフィランソロピー活動に高い関心をよせている

  6. 米BlackRock社、富裕層の資産管理を狙い「アラジン」売込みを強化