欧米豪の休暇スタイル

日本は今ゴールデンウィークの真っただ中にあり、国内外の旅行を楽しむ人であふれていますが、欧米豪ではどのように休暇を楽しんでいるのでしょうか。

欧米豪の大半は、春季の復活祭前後の1週間、夏季の1ヵ月間及びクリスマスから年始にかけての2週間、休暇シーズンに国内外の避暑地や避寒地での長期滞在型の休暇を楽しむのが一般的です。中には自分で所有する別荘でのんびり過ごす富裕層やキャンピングカーで国内外を観光移動する人もいます。

陸続きの欧州は近隣の各国へ、米国や豪州は、お隣のカナダやニュージーランドへの旅行者が多く、長期にわたって仕事を離れて心身ともにリフレッシュし、のんびりと「休む」を満喫するスタイルが主流といえます。

訪日無関心層の誘客には、往復の移動に数日を費やしてでも日本で休暇を過ごしたいと思わせる訴求が必要となってきます。このマーケットの開拓こそが今後の訪日旅行者増加のカギとなっています。

当社では、欧豪米のインバウンドや富裕層マーケティングのご相談なども随時受け付けております。まずは下記のお問い合わせページよりご連絡ください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. クロニクル誌、2017年大口寄付富裕層ランキングを発表

  2. 中国人富裕層のシドニー移住状況

  3. 富裕層にも使用されるMICE施設、その存在はニュージーランドにも

  4. 世界的な地政学リスクの高まりを受けて、超富裕層のビットコイン購入が増加

  5. 欧米豪旅行者 新規開拓の重要性

  6. ミクロネシアは富裕層の節税や移住におすすめの場所