ドイツ M&A/不動産投資

ドイツ

資生堂株式会社がヘアサロン向けの業務用製品事業を、ドイツのHenkel AG & Co. KGaA に譲渡する計画を決定したことを要約すると、以下のようになります。

  • 譲渡対象
    「SHISEIDO PROFESSIONAL」ブランドを含む、ヘアケア、ヘアカラー、パーマ/ストレートパーマ、スタイリング製品の業務用ラインアップ。
  • 譲渡価格
    123億円。
  • 事業の承継
    資生堂が資生堂プロフェッショナル株式会社に事業を承継させ、その後、同社の80%株式をHenkel Nederland B.V.に譲渡。
  • 商標権
    ヘンケル社への商標権使用のライセンス。
  • 目的
    ヘンケル社のグローバルな投資機会と事業体制を利用し、事業の拡大を図る。

予定されているタイムラインは、2022年上期中の契約締結、7月1日の効力発生および株式譲渡実行です。
海外のM&A/不動産投資は欧米豪富裕層マーケティング総合研究所へお問合せ下さい。

関連記事

  1. ボラボラ島を360度臨む「ボラボラ・ラグーン・パラセイル」

  2. それでも富裕層はロンドンを目指す

  3. 富裕層にアピールするパースのMICE施設

  4. タヒチ 2018年グローバルキャンペーン「#TakeMeToTahiti」を実施

  5. ミクロネシアのMICE施設は、富裕層だけでなく国の経済発展に深く関わる

  6. 欧米豪富裕層への影響力が高いTravel + Leisureの「2018 Destination Of The Year」に日本が選出