欧米豪富裕層のプライベートバンク活用術

アリアン・ド・ロスチャイルド男爵夫人はプライベートバンクからワイナリー、フランス・ムジェーブのスキーリゾートにまで至る膨大な一族の事業を、4年の歳月をかけて再編し、一族の名前を冠したスイスのプライベートバンクを新たな段階へと発展させる準備を進めてきた。
氏はジュネーブでインタビューに応じ、一族が83%を保有するエドモン・ド・ロスチャイルドについて、「複雑で理解しがたい以前の事業構造を考慮すれば、この数年は追い付いてきている」と話した。同行は近年、「さまざまなターゲット」に目を向けており、買収の可能性を引き続き模索していると述べた。

記事元(Bloomberg)はこちらから

関連記事

  1. フレンチポリネシアのMICE施設、富裕層だけではなくビジネスに関わる場として使用される

  2. 全米富裕層地域で5位にランクイン、マンハッタンのトライベッカに眠る「目立たない富」とは

  3. オーストラリアの超富裕層、22年までに37%増加

  4. 富裕層をファミリーで囲い込め。UBSのミレニアル富裕層向け塾とは?

  5. 富裕層が注目するシドニーのMICE施設を取り巻く環境

  6. 富裕層がブランドを選ぶ際に何を重視しているか