オーストラリアの超富裕層、22年までに37%増加

イギリスの大手不動産ないとフランク社が発表した「ウェルス・リポート2018年予測」で、2022年までにオーストラリアの超富裕層人口が約37%増加する見通しであることが明らかになった。不動産価格の上昇や株式市場の回復が主な背景と見られている。なお、超富裕層の定義は純資産5,000万米ドル(約53億800万円)以上を保有する人である。

日本でも欧米豪富裕層を呼び込む取り組みを進める自治体が徐々に出てきているが、日本の富裕層インバウンドビジネスにとっても追い風となるだろう。

 

弊社ではこのような欧米豪富裕層ビジネスの注目動向を、弊社の富裕層ビジネスの知見とともに毎月レポートとして取りまとめた「富裕層マーケティング資料(マーケティングレポート)総合研究所」を販売しています。詳細は下記をご覧ください。

詳細はこちら

関連記事

  1. 欧米豪旅行者 新規開拓の重要性

  2. 静岡ツーリズムビューローが欧米豪の富裕層客に県内ゴルフ場の眺望をアピール

  3. Melbourne Experience Gift / メルボルン体験ギフト

  4. 富裕層向け商品を扱うブティックや百貨店の間で、オンラインショッピングの重要性が益々増加

  5. ボラボラ島を360度臨む「ボラボラ・ラグーン・パラセイル」

  6. 21名の超富裕層、無一文だった頃