投資と税制の関係性の明確化が超富裕層の安心につながる

写真:©PAKUTASO
税法は本質的に複雑であり、2017年の減税と雇用法では、特にUHNW(超高額者)の個人や家族にサービスを提供している税務弁護士にとって、税引きを減らす方法を見つけることはできなかった。

信託義務は、投資家やヘッジファンドやベンチャーキャピタルなどの代替投資手段について明確な目標を立てるべきであるが、魅力的なリスク調整後収益を達成する必要は受動的なものではなく、傾向、市場、世界中のマクロ経済および金融インフラストラクチャー全体の予測不可能なな性質がある。税制上の利益を最大化し、そのような戦略への投資を価値のあるものにするために投資環境を税エコシステムと結びつける能力が特に必要となってくる。

UHNW(超高額者)は高額課税対象の個人や世界で事業を行う場合、難易度はさらに高くなるため、これまで以上に専門的な知識が必要となっている。

ヘッジファンド、デリバティブ取引、ベンチャーキャピタル、プライベートエクイティの細目の専門家もいる。アナリスト、データスペシャリスト、または量的モデリングに熟練した人もいる。新しい税法が顧客にそのような影響を与えるかだけでなく、その税引きがどのように影響を与えていくのか、間違っているかどうかの判断も非常に難しく、自信を持って回答することができない状況ある。

税制が増加していく今日、UHNW(超高額者)の資産を管理する複雑さが顕著になっている。投資と税制の関係性が、国境を越えた税務分析、慈善事業、不動産計画など、包括的な知識が必要となるため、これらを明確化することでヴょう富裕層の安心につながっていくものとみられている。

参照:Forbes

ルート・アンド・パートナーズでは東南アジアや欧米豪の富裕層をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. ミクロネシアのMICE施設は、富裕層だけでなく国の経済発展に深く関わる

  2. 富裕層向けネット通販業界で注目を集める対話アプリを利用したサービス

  3. 世界中の富裕層がこぞって訪れるバカンス先「ボドルム」

  4. 富裕層がこぞって移住するフレンチポリネシア

  5. クロニクル誌、2017年大口寄付富裕層ランキングを発表

  6. それでも富裕層はロンドンを目指す