富裕層の移住先として人気のニュージーランドの教育

富裕層の方たちの間でニュージーランドが、最適な移住先として注目を集めていますが、小さな子供がいる家族や、移住先で子供を産みたいと考えている夫婦にとっては、教育の内容が気になるところです。

ニュージーランドで行われている義務教育は、満6歳から満16歳までで期間は10年となっています。しかし、5歳の子供のほとんどがプレ・スクールに通っています。ニュージーランドは2,500以上の学校が設置されていて、ほとんどの学校が公立となっています。学校は、単独の小学校だけでなく、小中一貫校や、単独の中学、中高一貫校、単独の高校など形態は色々あります。原則として小学や、中学の入学だけでなく高校に入学するための受験もなく、学区で決められた学校に通うことになります。学校のほとんどが1学年あたりに4学期ある制度を取り入れていて、1月の下旬に1学期が始まり、4学期が12月の中旬に終わります。1つの学期が終わり、次の学期が始まるまでの間に、およそ2週間ぐらいのホリデーが設けられています。

関連記事

  1. 中小企業は欧米豪富裕層を攻略せよ

  2. トルコでの富裕層による法人設立

  3. パースで富裕層向けの不動産購入をするメリット

  4. タヒチ 2018年グローバルキャンペーン「#TakeMeToTahiti」を実施

  5. ミクロネシアのMICE施設は、富裕層だけでなく国の経済発展に深く関わる

  6. 世界的な地政学リスクの高まりを受けて、超富裕層のビットコイン購入が増加