メラネシアへの移住条件は?

メラネシアはオーストラリア大陸北東部にある南半球の海洋・諸島地域を指し、国家としてはフィジー・バヌアツ等が該当します。そして今挙げた2つの国家は何れもリタイヤ後の居住を見越した外国人向けの長期滞在ビザを発給している事が特徴で、海外移住先として日本からも移り住む人が見られます。

長期滞在ビザの発給には、国毎に条件の違いがあります。フィジーの場合は45歳以上で年間135万円以上の収入があり、保証金として450万円の預金が出来る事が条件となります。一方のバヌアツは指定地域の不動産購入若しくは賃貸を行う事、毎月25万円以上の収入がある事、ビザ発給期間年数に400万円を掛けた額を現地預金する事が条件となります。何れも収入条件に関しては、年金や金利での収入で構いません。

一見すると高い条件設定に思えますが、周辺国家のオーストラリア・ニュージーランド等と比較すると破格の条件と言えるのが、メラネシア地域の特徴と言えます。

関連記事

  1. 静岡ツーリズムビューローが欧米豪の富裕層客に県内ゴルフ場の眺望をアピール

  2. キャピタルゲイン税のインフレ調整導入を検討で米国富裕層の減税に

  3. ロシア銀行の金融危機!?ロシアの富裕層が手持ちのドルを「欧州の銀行」に預けるワケ

  4. 投資と税制の関係性の明確化が超富裕層の安心につながる

  5. ミクロネシアは富裕層の不動産購入も気軽に可能

  6. 富裕層にも人気があるメルボルンの不動産投資