日本人富裕層のメラネシアの不動産投資に役立つ豆知識

タックスヘイブンなどの日本以外の海外にある国に子会社を設けることで節税をしている富裕層は少なくありませんが、そういったことをはじめて行う際には情報収集を事前にきちんと行っておく必要があります。極端な節税はその分だけリスクも大きくなってしまいますし、正しい知識を持ってしてしなければ思わぬところで躓いてしまい節税対策どころではなくなってしまいます。

ちなみにメラネシアは不動産投資をするのに最近多くの富裕層からの人気を集めている国で、節税対策としても緩やかな節税が叶うので小さなリスクで目的を果たすことが出来ます。このメラネシアに実際に不動産投資する場合には、自分一人で全てを行うのではなく、きちんと専門的な知識を持った人たちに相談しながら慎重に行うようにしましょう。面倒な英語での手続きしかできない場合には英語を話す人材も必要となります。しかも信頼できることがとても大切ですから、優秀な人材を手元に置いたうえで行うことをおすすめします。

関連記事

  1. 投資と税制の関係性の明確化が超富裕層の安心につながる

  2. 富裕層向け商品を扱うブティックや百貨店の間で、オンラインショッピングの重要性が益々増加

  3. 富裕層にアピールするパースのMICE施設

  4. 富裕層をファミリーで囲い込め。UBSのミレニアル富裕層向け塾とは?

  5. 世界中の富裕層がこぞって訪れるバカンス先「ボドルム」

  6. 米BlackRock社、富裕層の資産管理を狙い「アラジン」売込みを強化