旅行+消費が、これからの富裕層旅行のトレンド

アメリカのDG Amazing Experience 社がプライベートジェット利用者200名の旅行に関する定量調査を行った。

約半数が、ラグジュアリーリゾートやホテルへの宿泊を必ず考える結果となったようだが、ラグジュアリーヴィラレンタルを考える人も同じくらいの数いることが驚きだ。

もっとも驚くことは、Hotels where I can take over the properties.(自分が買収できるホテルに宿泊する)が20%前後いること。自分が買収できるホテルに泊まるという答えだ。

また、ホームデザイン、ファッション、時計、ジュエリーなどを旅行の楽しみとしてもライフスタイル充実の手段としても付け加えて提案してほしいという意見が98%もいたというから、旅行産業に消費が紐づく時代の幕開けといってもいいだろう。

 

当社でも、アンケート調査などの富裕層定量調査から、デプスインタビュー調査などの富裕層定性調査まで、各種富裕層調査の実績があります。これから欧米豪富裕層向けにビジネス展開をお考えの企業様や自治体様がおりましたら、まずは下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 富裕層のスマートホームは桁違いに手が込んでいた

  2. カナダの次世代富裕層はフィランソロピー活動に高い関心をよせている

  3. メラネシアへの移住条件は?

  4. 米シアトル市、大企業への課税法案を一カ月で撤回

  5. 日本旅行 富裕層に強いオーストラリア現地旅行会社の株式を取得

  6. 世界の富裕層が注目するクラシックカーイベント「レトロモビル2019」