メラネシアで富裕層が不動産購入する理由

メラネシアは、太平洋の南西部、オーストラリアの北東方に連なる島々の総称のことです。パプアニューギニアやフィジー、ソロモン諸島、バヌアツなどの国や地域が含まれます。現在、富裕層がこのメラネシアに不動産投資をするケースが増えてきているのです。

富裕層が不動産投資を行う理由は、他の投資と比べてミドルリスク、ミドルリターンと手堅く収益を得ることが出来るからです。株の売買やFXの取引はハイリターンを期待できますが、ハイリスクです。リスクを減らすには、不動産購入をして投資するのが良いのです。

そして、メラネシアは発展が進もうとしている地域です。これから不動産の需要が増えてくると予想されます。ですから、メラネシアで不動産購入しますと、しっかりと収益を得られる可能性が高いのです。既に飽和状態となっている先進国よりも、投資するには良い地域と言えます。富裕層は競争して不動産購入をしますから、ますます土地の価値が上昇するという相乗効果が生まれ、不動産としての価値が上昇し、収益も上がるのです。

関連記事

  1. シドニーが富裕層が住む都市ランキング世界9位、世界で5番目にリッチな都市にランクイン

  2. 富裕層の資産管理にAI「Erica」導入の第一歩

  3. 富裕層に向けたフレンチポリネシアの不動産購入について

  4. 旅行+消費が、これからの富裕層旅行のトレンド

  5. オーストラリア訪日富裕層旅客を解剖する

  6. 住みやすいゴールドコースト