フレンチポリネシアのMICE施設、富裕層だけではなくビジネスに関わる場として使用される

国や都市における競争力を大幅に向上させて多大な経済発展を催促してくれる施設、それがMICE施設と呼ばれているものです。会議や研修旅行、展示会や国際による会議の総称として認知されているMICE施設ですが、一般的な経済発展方法として知られている観光旅行と比較しても、それ以上の経済波及効果を発揮するといわれており、これが大きな特徴となっています。

MICE施設が持っているその経済波及効果が観光旅行などよりも高い理由は、なんといってもビジネスが大きく関わってくるためです。単純な観光旅行に比べて、ビジネスが絡んでくる移動は人数が非常に多いことが常となっており、この多人数による移動が膨大な経済波及効果をもたらすというわけです。MICE施設は同時に、富裕層などにも頻繁に使用されており、その効果が期待されてフレンチポリネシアにも設けられています。

関連記事

  1. 富裕層が多いパースでは、質の高い教育が行われています。

  2. クリュッグの経営立て直し策から考える富裕層向け商品・ブランドのブランディングのキーポイント

  3. 米シアトル市、大企業への課税法案を一カ月で撤回

  4. フツーのクルマに乗る超富裕層、そのワケとは?

  5. 21名の超富裕層、無一文だった頃

  6. 富裕層向け商品を扱うブティックや百貨店の間で、オンラインショッピングの重要性が益々増加