ゴールドコーストを拠点として富裕層がデュアルライフを送る

デュアルライフはグリーンツーリズムのスタイルの1つで、長期間もしくは反復的な滞在を伴うものを指します。オーストラリアのクイーンズランド州にあるゴールドコーストは、同国内でも最大の観光保養地として知られています。高齢者向けの保養施設やマンションなども多いため、ゴールドコーストに滞在する日本人の富裕層も多数存在します。

オーストラリアは自然豊かな国でグリーンツーリズムが盛んです。日本の富裕層の多くも同国が有する雄大な自然と触れ合うために訪れています。大都市であるゴールドコーストはオーストラリアでデュアルライフを送るための拠点とすることができます。ゴールドコーストは50kmを超える海岸線を有しており、有名なサーフィンのスポットも多数存在します。また内陸部には世界自然遺産にも登録された国立公園やテーマパークなどもあります。海外からの観光客は毎年80万人ほどですが、日本とニュージーランドからの訪問者が半数を占めています。

関連記事

  1. 米国富裕層にまつわる6つの意外な事実

  2. メルボルンのMICE施設は富裕層や専門家を多く集めます

  3. ニューヨーク初となる日系スパが、富裕層向けラグジュアリーホテル「ザ・ベンジャミン」内にオープン

  4. 富裕層の資産管理にAI「Erica」導入の第一歩

  5. 欧米豪富裕層への影響力が高いTravel + Leisureの「2018 Destination Of The Year」に日本が選出

  6. 富裕層がパースで不動産投資をする