欧米豪旅行者 新規開拓の重要性

日本の基幹産業として、観光を革新し国際競争力を高めるためには、欧州・米国・豪州や富裕層へのプロモーションは欠かせない条件となっています。

観光庁は、2016年3月30日策定「明日の日本を支える観光ビジョン」の中で、欧州・米国・豪州や富裕層などをターゲットにしたプロモーションであたらしい市場を開拓し、長期滞在と消費拡大を同時に実現することを掲げています。

具体的には、欧米豪の富裕層で長期の海外旅行には頻繁に行くが、日本を旅行先として認知・意識していない訪日無関心層に対し、デジタルマーケティング技術を駆使して、欧米豪の著名人やインフルエンサーの日本文化体験映像を海外キー局で配信するなど、訪日旅行への関心・意欲を効果的に高める訪日グローバルキャンペーンを実施しています。

訪日プロモーションの戦略的高度化を進めることも重要になっており、市場等を分析した上でターゲット及び訴求コンテンツ等を見直し、訪日無関心層の誘客をより確実にするプロモーションが重要となっています。
出典:観光庁ホームページ

当社では、欧豪米のインバウンドや富裕層マーケティングのご相談なども随時受け付けております。まずは下記のお問い合わせページよりご連絡ください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 市内に国内一の超高層ビルを計画

  2. クロニクル誌、2017年大口寄付富裕層ランキングを発表

  3. JNTO欧米豪の富裕層の訪日誘客と消費拡大を目的とした商談会を開催

  4. 訪日旅行者一人あたりの消費額は欧米豪が上位

  5. 富裕層の方必見!ニュージーランドへの移住について

  6. 富裕層が注目するシドニーのMICE施設を取り巻く環境