米BlackRock社、富裕層の資産管理を狙い「アラジン」売込みを強化

写真:©Bloomberg
約30年前、BlackRock社は、本格的な財務リスクを徹底的に監視するソフトウェアを開発した。時を経て、ウォール街に欠かせないツールとなった。世界最大の資産運用会社となった現在、同社がテクノロジーを売り込む顧客として狙いを定めているのが富裕層向けの運用部門だ。

世界最大のアセット・マネージャーは、数十億ドルの顧客資産を監督する「アラジン」と呼ばれるリスク分析ソフトウェアを顧客資産の運用担当者向けに販売している。すでにモルガン・スタンレーとUBSグループの資産管理部門が利用している。ポートフォリオをスクリーニングして弱点を分析するプログラムを使用している。

BlackRockが年2回設けている投資家デーのイベントがニューヨークのマンハッタンで行われ、そこでの目玉がこのソフトだった。ロブ・ゴールドスタインCOOがプレゼンテーションを担当。「ポートフォリオ構築でアラジンを活用する極めて大きな機会」があると述べた。

Aladdinは急速に成長しているBlackRockの技術ビジネスの原点だ。ラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は、2022年までに収益の30%を占めることを望んでいると述べた。ブローカーや投資顧問を獲得することで、ミューチュアル・ファンドやETFを売却し、すでに膨大な規模を拡大している。

同社によれば、トップ200のグローバル資産管理者の約20%がソフトウェアを使用していますが、それは世界の私有財産業界の2%にしか達しておらず、富裕層の管理にはまだまだ道のりがあるといえよう。

今日、外部の企業や競合企業は、このソフトウェアを50カ国の3万人のユーザーにライセンス供与しているという。アセット・マネージャーに加えて、Aladdinを使用する他のクライアントには、米国最大の年金基金、CalstrsとCalpers、トップ保険会社の一部が含まれています。ヴァンガードのスポークスマンによると、競合他社のヴァンガード・グループでも、アラジンを使って社内のリスク監視ツールを補完しているという。

BlackRockはまた、顧客組織内のエンジニアのためのプラットフォームの一部を初めて開拓し、日常業務にソフトウェアをさらに埋め込むことを決定しました。Bloomberg Newsの親会社であるBloomberg LPは、「アラジン」と競合する金融ソフトウェアを販売しており、業界の開発競争は、ますます激化していきそうだ。

ルート・アンド・パートナーズでは東南アジアや欧米豪の富裕層をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. クリュッグの経営立て直し策から考える富裕層向け商品・ブランドのブランディングのキーポイント

  2. 米国富裕層にまつわる6つの意外な事実

  3. 欧米豪の休暇スタイル

  4. 富裕層向けの不動産投資の穴場はミクロネシア

  5. 投資と税制の関係性の明確化が超富裕層の安心につながる

  6. 富裕層の投資家等も期待するトルコのMICE施設