全米富裕層地域で5位にランクイン、マンハッタンのトライベッカに眠る「目立たない富」とは

ブルームバーグがまとめた米富裕層地域年間ランキングによるとなんとニューヨーク市のトライベッカ地区のみが5位にランクイン。
トライベッカはかつて工業ビルや製造業ビルの中心地だったが、1980年代に不動産デベロッパーが倉庫を居住用建築へと改装し、流行に敏感な富裕層たちを引き付けた。

スケニク氏は「とても目立たない富だ。トライベッカでは誰がどこに住んでいるか分からない」と述べ、「パーク街やマディソン街とは違う。路上にフェラーリが止まっているわけではない」と話した。

記事元(Bloomberg)はこちらから

関連記事

  1. 富裕層にも人気があるゴールドコーストの不動産投資

  2. ミクロネシアのMICE施設は、富裕層だけでなく国の経済発展に深く関わる

  3. 旅行+消費が、これからの富裕層旅行のトレンド

  4. 富裕層に向けたフレンチポリネシアの不動産購入について

  5. 投資と税制の関係性の明確化が超富裕層の安心につながる

  6. 欧米豪富裕層への影響力が高いTravel + Leisureの「2018 Destination Of The Year」に日本が選出