海外富裕層へのPRにも効果的! 120人の日本代表団も参加したテッラ・マードレ サローネ・デルグスト

2016年9月にトリノで「テッラ・マードレ サローネ・デルグスト2016」が開催された。テッラ・マードレとは、世界160か国から生産者、シェフ、食品関連企業の経営者など、総勢約5,000名が集う2年に1度の国際的な食の祭典だ。

日本からは、料理人や生産者などで構成された120人の日本代表団が参加。これは本国イタリアに次ぐ2番目の規模で、日本食に対する注目度の高さを改めて実感させられる。

日本のブースでは、石川県、神戸市、札幌市、狭山市などが地元の特産品をPRした他、テッラ・マードレに集まる世界の食材を使って、日本人シェフが和のテイストに仕立て上げた料理をふるまい、注目を集めていた。

 

当社では、自治体観光課、観光関連団体、日本版DMOなどを対象に、欧米豪富裕層を主なターゲットとした様々な富裕層マーケティングを実施しています。欧米豪富裕層をターゲットとした富裕層インバウンド等をお考えでしたら、一度当社へお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. キャピタルゲイン税のインフレ調整導入を検討で米国富裕層の減税に

  2. フレンチポリネシアのMICE施設、富裕層だけではなくビジネスに関わる場として使用される

  3. 富裕層が注目しているシドニーに不動産購入

  4. 富裕層も愛するメルボルンへの移住で本当の豊かさを手に入れる

  5. 富裕層にアピールするパースのMICE施設

  6. 欧米豪富裕層への影響力が高いTravel + Leisureの「2018 Destination Of The Year」に日本が選出