世界中の富裕層がこぞって訪れるバカンス先「ボドルム」

トルコ共和国の港湾都市、ムーラ地方の港町のボドルム(Bodrum)はかつての古代都市であり、現在はリゾート地として栄え、マリーナにはバカンスを楽しむ世界中の富裕層の豪華ヨットであふれかえっている。
エーゲ海に面した港町は、ヨーロッパ中のセレブや中東の王族に愛されてきた高級リゾート地で、シリコンバレーのユニコーン企業の経営者たちがこぞって集まり、限られた富裕層だけが知るリゾートだったボドルムが、この数年で急激に知名度を増している。

このボドルムの街に「LUX」や「ニッキビーチ」「エディション(マリオットの最高級ブランド)」「アマンルヤ(AMAN系列)」といったラグジュアリーホテルのオープンラッシュが続いているのだ。なかでも、世界中の富裕層に人気を集めているのが、2018年の5月に新装オープンした富裕層の隠れ家Six Senses Kaplankayaだ。

世界的に有名な旅行雑誌「トラベル・アンド・レジャー」のホテルランキングでは、2018年に世界一のブランドに選ばれている。

総合的なアプローチで最適なウェルネスを提供するリゾートとして、1万平方メートルの面積を有していることは、驚きに値しない。ウェルネスへの旅は、揺れる穏やかな明かりに囲まれた、7メートルの歩く瞑想から始まります。キラキラ輝くクリスタルのような光で埋め尽くされた天井まで続く、まるでオットマンの抽象的な模様に型抜きされた宝石箱のような空間は、まさに当リゾートならではの特別な体験だ。2 層のフロアにまたがる広いスパでは、充実した幅広いシグニチャートリートメントをお楽しみいただける。ユニークなヒーリングビジュアルアート作品などの芸術品も、忘れられない素晴らしい癒しの体験を演出する。

富裕層にとって、バカンスを過ごす場所として最適なのだ。

関連記事

  1. トルコでの富裕層による法人設立

  2. 富裕層に向けたフレンチポリネシアの不動産購入について

  3. 米国富裕層にまつわる6つの意外な事実

  4. 全米富裕層地域で5位にランクイン、マンハッタンのトライベッカに眠る「目立たない富」とは

  5. ミクロネシアのMICE施設は、富裕層だけでなく国の経済発展に深く関わる

  6. 富裕層の投資家等も期待するトルコのMICE施設